2010-11-14(Sun)

グループ朗読会「幸風」第10回公演にお邪魔してきたなり!

鎌倉てらこやで「朗読の楽しみ」の活動で講師を務めて下さっている、
中里貴子先生がご参加なさっている朗読グループ「幸風」
第10回公演『縁ありて――感謝の言葉に代えて』に伺ってきたなり!

353.jpg
会場は、東京は田町の、「女性と仕事の未来館」。

353 (1)
会場はこちら!なり。

353 (3)
発表会直後の中里先生

今回の講演で中里先生は、
樋口一葉作の「大つごもり」という作品にチャレンジされていたなり。

「大つごもり」は、昔の言葉(擬古典)で書かれた作品であり、
中里先生も読まれるのにとっても苦労なさったとのことなり。

でも拙者たちが伺った中里先生の朗読では、
言葉はわからなくても、なぜか伝わってしまうのが朗読の不思議。

ドキドキハラハラの緊張感溢れる一葉の「大つごもり」の世界を、
すっかり味あわせていただいたのでござる。

今回の朗読会では、中里先生の他にも5人の方々が朗読を披露なさっていたなり。
ただ単に「作品を読む」という行為である朗読でござるが、
朗読するときの間やテンポ、表情や、体の動き等によって、
それぞれの方の「朗読」が、全く「異なって」いることがわかって、
とても面白かったなり!

そして、最後の幸田弘子先生の宮沢賢治作「よだかの星」の朗読は圧巻!
朗読の奥深さをあらためて感じることができたのでござる!

本日はありがとうございましたなりっm(_ _)m。


353 (7)
せっかく学生組で集まったので、11月28日(日)に開催させていただく、
「幸田弘子先生朗読会」についての打ち合わせも一緒に行ったなり!

北鎌倉は浄智寺にて開催させていただく「幸田弘子先生朗読会」にも、
多くの皆様のご参加をお待ちしているのでござる!

では、さらばなりっ!

            

 
BlogRanking

ブログランキングに参加しているなり!
バナー(↑)のクリックをお願い致すのでござるm(_ _)m。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

てらのすけ

Author:てらのすけ
「NPO法人鎌倉てらこや」は、
主に神奈川県鎌倉市周辺地域の小・中学生を対象とした、「子どもたちが夢を抱き、いきいきと生きていく力と心を育むための育成プロジェクト」でござる。

企画・運営主体は大学生によって担われているのでござる。
そして、かつて鎌倉でも行われていたであろう「寺子屋」のように地域の寺社仏閣をお借りしての合宿事業や、地域の自然の中で行われるプログラム等を、月に8回程度実施しているなり。

この度はご閲覧いただきまして、
誠にありがとうございますでござる。
ゆっくりご覧になってくださいなり!

公式HPはコチラから!

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
鎌倉てらこや公式ツイッター
Twitter公式ナビゲーター twinavi
リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しているなり!
QRコード
QRコード
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
検索フォーム